Archives for FWN

トリュフ三昧のお店

savini Tartufo

レストラン内は落ち着きます。

以前から気になっていた 「トリュフ」の専門レストラン。
先日入る機会に恵まれました。

SAVINI TARTUFI TOSCANA

トリュフはイタリア語で「タルトゥーフォ」。
フィレンツェの周りにもけっこ取れるところが多いんです。
南に(オルチャ渓谷の近辺:機関車ツアーでトリュフ祭り)、西に(ピサ州)、
東(ボルゴサンロレンツォあたり)に。
フィレンツェは盆地にあり、丘や山に囲まれていますので少し車で行くと「トリュフ祭り」とかやっています。

トスカーナはトリュフの生産地の中でも最も重要な場所の一つでもあります。

サヴィーニ・ファミリー
こちらのレストランを経営し、またトリュフ生産者である、サヴィーニファミリー。
1920年代にピサの農家で働いていた時に趣味でトリュフを狩りをしていて、それを北イタリアから来たお客様に売るようになりスタートしました。しばらくして、自分のお店を持つようになります。そして料理に情熱を注ぐ息子さんがそれを引き継ぎビジネスは広がっていきました。

現在ではミラノ、ローマにもお店があるみたいです。

トリュフのポテトチップス

トリュフ味のポテトチップス!本物の味!

フィレンツェには、サン・ロレンツォの市場の2階にも入っていますが、ゆっくり落ち着いて味わいたい方には、
Via Porta Rossa 19 (フェラガモの本店の近くです)のホテル NH Collection Firenze Porta Rossa の中にレストランがあります。

ホテルの正面玄関から入るため、一見入りにくいですが、中は落ち着いた空間で静か。
お昼の開店時間よりも早く行ってしまったため、時間になるまで待機させていただくことに。
センスのよいインテリアの店内に座ると、
プロセッコとトリュフ風味のぽテトチップがサービス運ばれてきました!
このポテチーの美味なこと。

すっかり場所の雰囲気と、美味しいお酒と
若いカメリエーレ(ウェイター)が(若い頃の)ジュードロウに似ているとかで女子(おばさん)トークがスパークしてしまいます。

奥の席に着き、メニューを。
ワインはグラスで7ユーロから。

前菜
パスタ
上から白もしくは黒トリュフを削って乗せてもらうこともできます(もちろん追加料金です)。

贅沢で美しいお皿の上の料理たち。
トリュフタリアテッレは、シンプルなバター味。
トリュフはやはりバター味が一番合います。
(このパスタは市場のカウンターでもオーダーできるみたいですが、レストラン内で食べたもののほうがずっと美味しそうでしたよ)

さらに店内でポテトチップスも購入可能でしたが(たしか小さな1袋5ユーロ。市場で買うと4.5ユーロで50セントお安くなっていますので、お土産に買いたい場合は市場で買うほうがお得ですね!)

あとから気がつきましたが、トリップアドバイザーなどで予約すると割引になる日もあるみたいです!

ざわざわしたフィレンツェ旧市街の中で、優雅なひと時を楽しめます。


場所:Via Porta Rossa 19 Firenze


このようなツアーもあります!
SAVINI  トリュフツアー:4〜5時間(内容:トリュフミュージアム、トリュフ狩り体験、お料理レッスン,トリュフ試食など):ご興味のある方はお問い合わせください。


 

グッチガーデン その2

その2 です。

グッチガーデンの2階、3階は有料ミュージアムになっています。

入場料8ユーロ(月曜のみ、フィレンツェ県在住の方は身分証明書持参すれば無料です)

年代順になっているとかではなく、どちらかというとテーマでお部屋が分かれていました。

奥のお部屋には、創業者グッチオグッチ氏がロンドンの高級ホテルで働いてその時に作ったのかな?と思わせるスーツケースや(ビトンのように重くて、基本的には自分で持つのではなく、お付きの人に運んでもらうようなものです)お弁当持参セット、乗馬用のものなど。
また、シックな私の今までイメージしていたグッチの服。

グッチ、きつねのコート?

そして、動物愛護団体から抗議を受けそうな毛皮のコート。1960年代のものから数年前のものまでが並んでいます。
スパンコールだらけの服。フラワー。スカーフの元絵(水彩画?)そして日本の浮世絵や、中国のトラをテーマにしたアジアンなもの。

スカーフの元絵。水彩画でとてもきれいに描かれていました。

フラワー柄

感想:グッチっでシックなイメージから最近の奇抜路線に変わったと思っていたのですが、実は昔から、このような派手な路線があったのですね。
かつての貴族のための服=現在のセレブのための服。

展示されているものも面白かったですが、トイレの内装や、イラスト風の壁紙の空間も楽しめます。

場所:Piazza della Signoria 10 Firenze

グッチ ガーデン その1

1月にリニューアルオープンしたグッチガーデン(博物館)に行ってきました〜〜。
シニョリーア広場、コジモの銅像の後ろにあります。
以前はグッチのオフィスがあった場所で、現在はミュージアムになっています。

フィレンツェ グッチガーデン

グッチガーデン

一階はミュージアムショップ的なお店で、入場料無しで入れます。

独特な世界観で話題のグッチの新しいクリエイティブディレクター「アレッサンドロ ミケーレ氏」の世界が広がっています。今までの白黒茶のシックなイメージから180度変わり、カラフルで、イラスト風な壁紙、ジャポニズム、トラ〜〜。
なんだか高校生、20代も喜びそうな楽しい雰囲気です。
そして、店員さんも若い!
店員さんの制服が目を引きます。テロっとしたバスローブのような上着につっかけ風の靴。
スタイリッシュで魅力的でなくてはなかなか着こなせません。

gucci Garden Ginori

ジノリの陶器、グッチデザインのアロマキャンドル

一階、入って右側すぐ、マグカップ風な陶器のアロマキャンドル(295ユーロ)がありました。。フィレンツェの郊外で生まれたリチャードジノリが5年前にグッチ・グループに買収され、このようなコラボレーションが生まれたのですね〜。重くて高級感のある陶器の質感はジノリですが、デザインは、グッチのデザイナーのもので、全く違った路線になっています。色がきれい。
キャンドルが終わったら、マグカップとして使用可能ですね。
(いろんなデザインがあります。オンラインショップをご覧ください。https://www.gucci.com/it/it/ca/decor/home-scents-c-decor-home-scents )

 

世界で一点もののグッチのパンツ

世界で一点しかないグッチのパンツ。950ユーロ。安い?

スカーフやサングラスは70年代のものなどビンテージデザインのものも購入可能。そして奥には、世界で一点しかない服が並んでいました!
店員さんはフレンドリーに手にとって見せてくれます。
サングラスは試してみましたが、さすがに世界で一点もののパンツは
試着遠慮しておきました。ウェストが細いし、、、。
このような貴重なパンツは芸能人がステージで履いたりするのにぴったりですね。

一階の店内の様子

いつの時代なのがわからないような、斬新なデザイン!

入って左は、小物&アクセサリー。ステーショナリー、マッチ(20ユーロ)、指輪ネクレスなど。
ここでしか買えないオリジナル記念グッズ売り場。グッチファンならお土産に買って帰りたくなるようなものがいっぱい。

奥にミシェランの星付きレストランのシェフをしていた、有名シェフのレストランがあります。
一皿20ユーロくらいで、ティラミスが15ユーロでした〜。
以前のようなグッチカフェではなく、事前予約必須のレストランですので、気軽に入れないですが、機会をみつけて入ってみたいもんです。

グッチ ガーデン アクセラリー

ダチョウの顔、牛、ライオン!動物でいっぱい

そして目的のミュージアムへは2階です。ピンクやら、イエロー、パステルグリーンにイラストの入った壁紙のかわいいところからエレベーターへ。

(その2へ続く)

カラコン つけまつ毛