Archives for フィレンツェ日帰りツアー

ボルゲリワイナリーその3

ジョヴァンニ・キャッピーニ

ボルゲリワイナリー

ボルゲリワイナリー ジョヴァンニピャッピーニの入り口

なんともかわいい響きのワイナリーですが、行ってみますと、「ドーン」立派な入り口。
糸杉の木の間をくぐり抜けますと、畑仕事っぽい雰囲気。トラクターが並んでました。

ここは、貴族出身とかではなく、マルケ州農家出身の家族がボルゲリでのワイン作りにかけ、1950年代に引越してきた家族経営のワイナリーです。現在は娘さん2人が引き継ぎ、2013年にワイン専門誌Wine Enthusiastで100点満点を獲得したことで世界的に知られることになったのです。

素朴そうですが、結構な土地を購入されています。本当にただの農家だったのでしょうか?

ワインの生産本数はまだ6万本ほどですが、アメリカへの輸出が多く、毎年生産本数が増えて近々10万本になる予定だとか。ほかはオリーブオイルも作っています。

モダンな作りのワイナリーには、ステンレスのタンクとバリックの樽の部屋しかありません。
生産本数が少ないのも納得。ほんとこじんまりと作っているのですね〜。

畑に名前がついていて、(ほとんどがその土地の名前です)それにちなんでワインの名前にもなっています。

バリックには、どこどこ畑のxx品種といった具合に分けられて熟成されています。
そして、十分熟成されたワインを、ブレンドしてボトルに詰めるそうです。

今まで私が見学したトスカーナのワイナリーでは皆、樽に入れる前の段階でいろんなブドウや畑のものを混ぜて、混ざった状態で熟成させているところがほとんどでしたので、この出来上がったワインを調合して味を作る、、といった方法はとても新鮮でした。


ボルゲリワイナリーツアー

フィレンツェ日帰り  ボルゲリワイナリー ツアー


フランスとかではこの方法があるのでしょうか?

見学の後は、試飲室へ。

  1. GROTTINE (DOC Bolgheri Vermentino)(グロッティーネ)(白ワイン)
  2. Ferruggini(DOC Bolgheri Rossi)(フェルッジィーニ)(軽めの赤ワイン)
  3. Felciaino(DOC Bolgheri Rosso)(フェルチャーノ)
  4. Guado de’ Gemoli(DOC Bolgheri Superiore)グアド・デ・ジェモリ),
  5. Grappa,
  6. Vin Santo.

と自家製の美味しいエキストラバージオリーブオイルのかかったパンと
ワイン4種そしてグラッパ、ヴィンサントまで試飲できました!

グアド・デュ・ジェモリ

グアド・デュ・ジェモリ

そしてこれが話題の、GUADO DE GEMOLI(グアド・デ・ジェモリ)です。2009年の100点満点のではなかったですが、甘いようなコクのある味が口に広がりとても美味しかったです!(50ユーロで売られていました!やすい?)
カベルネソヴィニオン80%,メルロー20%。
ステンレスタンクで発酵させ、バリックに18カ月(50%は新しいバリック樽、50%は2度使用のバリック)。

また生産本数は少ないので試飲はさせてもらえませんでしたが、ブドウの品種100%のIGTワイン、(カベルネフランライン、カベルネソーヴィニオンライン、メルローライン)も生産していましてこれも評価が高い!(そしてお値段も一本60ユーロ。)

2010年からは完全にビオワイン(有機栽培)を生産しているとのことです。
アグリツーリズも併設していますので、ゆっくり滞在してボルゲリ地区を楽しむのもいいですね!
(予約代行、お車手配、アテンド承ります。お問い合わせください。)

ジョヴァンニ・キャッピーニワイナリーで試飲

 

カラコン つけまつ毛