フィレンツェの見学スポット

花の都フィレンツェで花見をする

春はお花見!! 2018年度

夏時間で日も長くなり、美しい花が満開のフィレンツェです。

旧市街から少しだけ坂をあがり、ミケランジェロ広場のすぐ近くに、入場料無料でお花が見られる庭園があるのをご存知ですか?

フィレンツェの庭園といえば、一番有名なのは、ピッティ宮殿の横のボボリ公園ですが、
他にも特に花好きな方にはオススメの庭園がたくさんあります!
春にフィレンツェにお越しの際は、ぜひ足を運んでみてくださいね!
留学中のいい息抜きにもなります!

Giardino delle Rose.(バラの庭園)

ミケランジェロ広場から坂を下り、(Viale Giuseppe Poggi)道沿いにあります。
1865年にフィレンツェがイタリアの首都になる時、ミケランジェロ広場もデザインをしジュセッペ・ポッジにより作られた庭園です。。
斜面にあるので、フィレンツェ旧市街を眺めながら降りることができます。
8時〜20時まで。400種類ものバラ、そして、彫刻や、フィレンツェの姉妹都市の京都からプレゼントされた、日本人の建築家により設計された小さな日本庭園まであります。
(7月31日まで)

Giardino dell’Iris
(イリス庭園)

こちらもミケランジェロ広場のすぐ脇(旧市街に向かって右側)にあります。
フィレンツェの眺めもよく、美しい斜面になっている庭園です。
10時〜19時半まで。(平日はお昼休憩が13時〜15時まであります)開園時期が短く4月25日〜5月20日の間だけ開いています。(2018年度)入場料無料!
美しいゆり科その他の花畑がみられます。

Giardino Bardini(バルディーニ庭園:藤の花のアーケード)
まさに今が藤の花満開!の時期です。 こちらも斜面の公園でこの眺め!
http://www.grandigiardini.it/giardini-scheda.php?id=49

入場料はかかりますが(第一日曜日は無料)ゆっくりフィレンツェを眺められる落ち着いた喫茶店もあります。
場所は Via dei Bardi 1/r 。通り沿いから入って、階段を上って、庭園に出ます!

グッチガーデン その2

その2 です。

グッチガーデンの2階、3階は有料ミュージアムになっています。

入場料8ユーロ(月曜のみ、フィレンツェ県在住の方は身分証明書持参すれば無料です)

年代順になっているとかではなく、どちらかというとテーマでお部屋が分かれていました。

奥のお部屋には、創業者グッチオグッチ氏がロンドンの高級ホテルで働いてその時に作ったのかな?と思わせるスーツケースや(ビトンのように重くて、基本的には自分で持つのではなく、お付きの人に運んでもらうようなものです)お弁当持参セット、乗馬用のものなど。
また、シックな私の今までイメージしていたグッチの服。

グッチ、きつねのコート?

そして、動物愛護団体から抗議を受けそうな毛皮のコート。1960年代のものから数年前のものまでが並んでいます。
スパンコールだらけの服。フラワー。スカーフの元絵(水彩画?)そして日本の浮世絵や、中国のトラをテーマにしたアジアンなもの。

スカーフの元絵。水彩画でとてもきれいに描かれていました。

フラワー柄

感想:グッチっでシックなイメージから最近の奇抜路線に変わったと思っていたのですが、実は昔から、このような派手な路線があったのですね。
かつての貴族のための服=現在のセレブのための服。

展示されているものも面白かったですが、トイレの内装や、イラスト風の壁紙の空間も楽しめます。

場所:Piazza della Signoria 10 Firenze

グッチ ガーデン その1

1月にリニューアルオープンしたグッチガーデン(博物館)に行ってきました〜〜。
シニョリーア広場、コジモの銅像の後ろにあります。
以前はグッチのオフィスがあった場所で、現在はミュージアムになっています。

フィレンツェ グッチガーデン

グッチガーデン

一階はミュージアムショップ的なお店で、入場料無しで入れます。

独特な世界観で話題のグッチの新しいクリエイティブディレクター「アレッサンドロ ミケーレ氏」の世界が広がっています。今までの白黒茶のシックなイメージから180度変わり、カラフルで、イラスト風な壁紙、ジャポニズム、トラ〜〜。
なんだか高校生、20代も喜びそうな楽しい雰囲気です。
そして、店員さんも若い!
店員さんの制服が目を引きます。テロっとしたバスローブのような上着につっかけ風の靴。
スタイリッシュで魅力的でなくてはなかなか着こなせません。

gucci Garden Ginori

ジノリの陶器、グッチデザインのアロマキャンドル

一階、入って右側すぐ、マグカップ風な陶器のアロマキャンドル(295ユーロ)がありました。。フィレンツェの郊外で生まれたリチャードジノリが5年前にグッチ・グループに買収され、このようなコラボレーションが生まれたのですね〜。重くて高級感のある陶器の質感はジノリですが、デザインは、グッチのデザイナーのもので、全く違った路線になっています。色がきれい。
キャンドルが終わったら、マグカップとして使用可能ですね。
(いろんなデザインがあります。オンラインショップをご覧ください。https://www.gucci.com/it/it/ca/decor/home-scents-c-decor-home-scents )

 

世界で一点もののグッチのパンツ

世界で一点しかないグッチのパンツ。950ユーロ。安い?

スカーフやサングラスは70年代のものなどビンテージデザインのものも購入可能。そして奥には、世界で一点しかない服が並んでいました!
店員さんはフレンドリーに手にとって見せてくれます。
サングラスは試してみましたが、さすがに世界で一点もののパンツは
試着遠慮しておきました。ウェストが細いし、、、。
このような貴重なパンツは芸能人がステージで履いたりするのにぴったりですね。

一階の店内の様子

いつの時代なのがわからないような、斬新なデザイン!

入って左は、小物&アクセサリー。ステーショナリー、マッチ(20ユーロ)、指輪ネクレスなど。
ここでしか買えないオリジナル記念グッズ売り場。グッチファンならお土産に買って帰りたくなるようなものがいっぱい。

奥にミシェランの星付きレストランのシェフをしていた、有名シェフのレストランがあります。
一皿20ユーロくらいで、ティラミスが15ユーロでした〜。
以前のようなグッチカフェではなく、事前予約必須のレストランですので、気軽に入れないですが、機会をみつけて入ってみたいもんです。

グッチ ガーデン アクセラリー

ダチョウの顔、牛、ライオン!動物でいっぱい

そして目的のミュージアムへは2階です。ピンクやら、イエロー、パステルグリーンにイラストの入った壁紙のかわいいところからエレベーターへ。

(その2へ続く)

カラコン つけまつ毛