FIDI (Florence Institute of Design International)

フィディ:フローレンス イスティトゥート オヴ デザイン インターナショナル

学校外観
設立:2013年
学校の場所:フィレンツェ
アルノ川沿いの立派な建物。教室の天井にはフレスコ画がある。
建築家の校長のセンスが光るかっこい校内。
内容:インテリアデザイン・家具デザイン、グラフィックデザイン
期間:1年間のコース
   2〜3年のマスターコース
   マスターコースを修了した人はイギリス提携大学のディプロマを取得できます。
コース言語:英語
留学生インタビュー M.K さん
概要
理論+実践により、プロフェッショナルなスキル、理論的基礎、および一般教育を通じて学生の芸術的能力の発展と成熟を助け、技術的スキルを確固たるものにします。

コンピュータグラフィックス、ウェブデザイン、およびイラストレーションを作成するための概念とスキルの習得に重点が置かれています。各1年コースはイタリアで30週間の期間です。
Adobe Photoshop、Illustrator、Indesign、After Effectsなどのグラフィックソフトウェアやその他のアプリケーションが含まれます。これらのソフトウェアは、イタリア、ヨーロッパ、そして世界中で最も広く使用されているコンピュータプログラムです。グラフィックデザイン学校のプログラムの主な焦点は、スタジオデザインコースです。各学期には、理論、印刷、レイアウト、配色などの主要テーマが取り上げられます。コース中に実現されたグラフィックデザインプロジェクトの例を見るには、デザインギャラリーをご覧ください。クラスは3つの異なるコンポーネントに分かれています:1) 講義、2) デスククリティーク、3) プレゼンテーション。グラフィックデザイン学校の講義では、多くのデザイントピック、技術データ、および理論がカバーされます。学期中、学生にはさまざまなデザイン問題が提示され、それに対するデザインソリューションを数週間かけて開発するよう求められます。デスククリティークの間に、各プロジェクトの進捗は講師によって綿密にアドバイスされます。プロジェクトの各段階で、プロジェクトは提示され、議論され、そのデザイン問題をどれだけ徹底的に解決したかに応じて評価されます。

目的
コース終了時までに、、グラフィックデザイン事務所、広告スタジオ、またはマーケティング会社でのポジションの面接に必要なトレーニングとポートフォリオを作成する能力を身につけられます。登校の卒業生は、グラフィックデザイナー、レンダリングアーティスト、イラストレーター、プロダクションコーディネーターとしての職業に就くことが可能です。専門的な経験を積んだ後、卒業生はリーディングデザイナーやプロジェクトマネージャーなどの上級ポジションに進むことができます。その他には、自身のデザイン事務所を設立したり、挑戦的なフリーランスの仕事に取り組むこともあります。

教授法
当校の教員は全員非常に優れた資格を持っています。教師陣はイタリア国内および国際的なバックグラウンドを持ち、ダイナミックな教授法、やる気を引き出すコース教材、そしてインタラクティブな学習方法で評価を得ています。

現地見学
現地見学はフィレンツェ・インスティテュートのカリキュラムの重要な一部を形成しています。デザイン学校は、フィレンツェの重要な美術館、博物館、文化的な場所の近くに位置しています。学生は、すべての現地見学に参加することが求められ、そのための旅費に1学期あたり追加で150ユーロが学費以外に追加でかかります。


FIDIのインテリアデザインコースはかなりハードでしたが、その分実のある学びになったと思います。
(y.m 2023)

概要
イタリアのインテリアデザインの職業で使用される技術とデザインプロセスに焦点を当てています。
各1年コースは30週間の期間で、すべてのコースは英語で行われます。
修士課程および学士課程のコースは、家具デザイン、インテリア装飾、およびイタリアのインテリアデザインのすべての分野における知識とスキルの基礎を学生に提供します。当校のコースは、各デザインコンセプトを徹底的に探求できるよう統合されています。スタジオデザインコースでは、形態と機能の側面が研究されます。同時に、コンピュータクラスではインテリアや家具の仮想3Dモデルが作成され、スキームの視覚的側面とプレゼンテーションの質をさらに検討します。コースの統合により、時間を効率的に使用し、完全なプロジェクト成果を得ることができます。インテリアデザイン学校のコースでは、AutoCAD、3D Studio Max、SketchUp、およびVRAYの指導が行われます。これらのソフトウェアは、イタリア、ヨーロッパ、そして世界中で最も広く使用されているプログラムです。インテリアデザイン学校のプログラムの主な焦点はスタジオデザインコースです。空間計画、家具デザイン、インテリア装飾、テクスチャ、配色、照明のテーマが取り上げられます。コース中に実現されたプロジェクトの例を見るには、デザインギャラリーをご覧ください。クラスは3つの異なるコンポーネントに分かれています:1)講義、2)デスククリティーク、3)プレゼンテーション。デザイン学校の講義では、多くのデザイントピック、技術データ、および理論がカバーされます。学期中、学生にはデザイン問題が提示され、それに対するデザインソリューションを数週間かけて開発するよう求められます。各プロジェクトの進捗は講師によって綿密にアドバイスされます。プロジェクトの各段階で、プロジェクトは提示され、議論され、そのデザイン問題をどれだけ徹底的に解決したかに応じて評価されます。このプログラムは、良い結果を得るために、ホームスタディとクラスルームスタディを合わせて週40〜60時間のフルタイムの取り組みが必要です。

目的
コース終了時までに、インテリアデザインの学生は、インテリアデザイン事務所、家具デザインスタジオ、または建築スタジオでのポジションの面接に必要なトレーニングとポートフォリオを取得します。フィレンツェ・インスティテュートの卒業生は、空間プランナー、アシスタントデザイナー、レンダリングイラストレーター、製図者、およびプロダクションコーディネーターとして初級ポジションを見つけることができます。専門的な経験を積んだ後、卒業生はリーディングデザイナーやプロジェクトマネージャーなどの上級ポジションに進むことができます。その他には、自身のデザイン事務所を設立したり、挑戦的なフリーランスの仕事に取り組むこともあります。

教授法
当校のインテリアデザインプログラムの教員は全員が非常に優れた資格を持っており、登録建築家または博士号を持つ教授です。教師陣はイタリア国内および国際的な背景を持っています。スタッフは、ダイナミックな教授法、やる気を引き出すコース教材、そしてインタラクティブな学習方法で尊敬される評判を持っています。

現地見学
現地見学はフィレンツェ・インスティテュートのカリキュラムの重要な一部を形成しています。当校はフィレンツェの重要な博物館や文化的な場所の近くに位置しています。学生は、登録しているクラスのために予定されている現地見学の旅行およびチケット費用として、1学期あたり追加で200ユーロを予算に計上する必要があります。ウフィツィ美術館をはじめとする多くの宮殿、教会、博物館が毎週訪問されます。インテリアデザインの学生が典型的に訪れる場所のいくつかには、ミラノのイタリア最大の家具展示会サローネ・インテルナツィオナーレ・デル・モービレや、ボローニャの陶磁器展示会チェルサイエが含まれます。イタリアは家具業界で世界的に知られています。インテリアデザインの学生にとってのハイライトの一つは、トスカーナの有名な家具工場の一つを訪問することです。
第1学期
IFD 501 - スタジオデザインコース 1 - 8単位
このスタジオコースは週に2回開講され、修士プログラムの核心クラスです。コースの目的は、イタリアの家具デザインに焦点を当てることで、学生の知識を深めることです。目標は、学生にシンプルな解決策を超えた視点を広げさせ、ディテールと素材の深い理解を養い、プロフェッショナリズムへの欲求を育てることです。学生は、イタリアの現代のニーズに対応する幅広いデザイン状況に触れます。学生は、イタリアのデザインプロセスの美点を認識するための広範なリサーチを行います。

CD 180 - 3Dコンピュータモデリング - Rhinoceros - 3単位
このコースはRhinocerosソフトウェアでのモデリングに初めて取り組む人向けに設計されています。コースは複雑な形状のモデリングツールの使用に焦点を当てています。コース終了時には、参加者はRhinocerosソフトウェアを使用してプロフェッショナルに実行された3Dモデルを作成できるようになります。
INT 190 - 家具デザイン - 3単位
このデザインコースは週に1回開講されます。コースの目的は、プロトタイプの開発と管理から最終製造プロセスまで、家具生産に関連する知識とスキルを学生に養わせることです。二部構成のプログラムでは、イタリアおよび国際的な家具の歴史、理論、作品、現在の表現について学びます。

CD 160 - 3Dコンピュータレンダリング - Vray - 3単位
このコースはVrayでのレンダリングに初めて取り組む人向けに設計されています。コースは、素材、照明、およびカメラの使用に焦点を当てています。コース終了時には、参加者はVrayを使用してプロフェッショナルに実行された3Dレンダリングを作成できるようになります。

HUM 150 - 美術史 1 - 3単位
この二部構成のコースは、1200年代末から始まるフィレンツェの美術を扱います。1300年代から1500年代初頭までのトスカーナ地方で活躍した主要な芸術家を取り上げます。歴史的、社会的、政治的な出来事をカバーし、それらが芸術制作に与えた影響を分析します。多くの授業は、博物館や教会への現地見学の形で行われ、教室での講義を補完します。

HUM 120 - イタリア語 1A - 1単位
このコースは主に会話のイタリア語に焦点を当て、日常生活、旅行、ビジネス旅行の状況に関連するテーマを扱います。挨拶、曜日、道案内の依頼、食事、計画の立て方、時間の伝え方、買い物、お金と数字の扱いなどが含まれます。

第2学期
IFD 502 - スタジオデザイン 2(論文付き) - 8単位
このコースは週に2回開講され、第1学期のコース構造を引き続き行います。第2学期の終わりには、学生がアドバイザーと協力して開発する単一のテーマに関する独立プロジェクトに焦点を当てます。このスタジオコースでは、学生が論文を視覚化するためのさまざまな形式を試し、プロジェクトを実現するために必要なデザイン作業を実行します。創造的な調査と、概念的に強く内容豊かな独自の解決策の開発に重点が置かれます。最終論文は、デザインプロジェクトと書面によるドキュメントで構成されます。学生は、自身のデザインプロセスに対する独立性と、複雑な家具デザインの解決策を実現する能力を示さなければなりません。
HUM 250 - 近代イタリアデザインの歴史 - 3単位
このコースは製品デザインとインテリアデザインの両方を扱い、学生はこれら二つの分野と芸術、建築、ファッションとの類似性を発見し、「デザイン」という用語の最も広い意味での理解を深めます。講義では、過去70年間のイタリアの豊かな視覚文化の中で、各歴史的デザイナーの役割を深く分析します。映画、絵画、建築、写真などが示されます。

HUM 151 - 美術史 2 - 3単位
このコースの第二部は1500年代初頭から始まり、ミケランジェロのマニエリスム運動を超えて続きます。理想的な古典形式から対抗宗教改革時代の複雑な時代への主要な芸術的発展が説明されます。多くの授業は、博物館や教会への現地見学の形で行われ、教室での講義を補完します。

INT 191 - 家具デザイン 2 - 3単位
第2学期は家具デザインの分野をより深く探求します。この学期では、品質管理、プロセス計画、コスト計算、および監督スキルを扱い、学生により多くのプロフェッショナルな経験を学生に提供します。

CD 165- 3Dプリンティング - 3単位
このコースは、コンセプトから3Dモデリング、3Dビジュアライゼーション/プロジェクションおよびレンダリング、プロトタイプの管理、3Dプリンターの使用を通じて、複雑な三次元の縮小モデルを生産するために必要な知識とスキルを完備し、製造管理および組立プロセスを理解するための必要なスキルと知識を学生に提供します。

HUM 121- イタリア語 1B - 1単位
このコースは引き続き主に会話のイタリア語に焦点を当てます。このより高度なレベルのクラスでは、一般的な仕事やビジネスの議論を扱い始めます。プログラムは変更されることがあります

サマーコース
時期:6月だけの4週間コース
費用:1150(税込)ユーロ+ 入学金 350ユーロ(税込)
対象:全レベル。 だれでも受講可能

アカデミックコース
 期間:年2回スタート:9月頭〜/ 1月中旬〜
 1〜2年間:ディプロマ取得
 1年(30週間コース)通ったあとに2年目を継続するかを選べます。
 3年間:バチェラー
 費用:1年分(30週間):8,900(税込)ユーロ
語学:英語力必要
 入学資格:18歳以上。高等学校卒業者


バチェラー修士コース:
 期間:3年間
 提携校のイギリスのロンドン大学・Goldsimthsの学位を取得することができます。

 入学試験:
 アート力:ポートフォリオの用意
 語学力:中レベル以上の英語力必須
    IELTS 6.5 点以上
    IELTS 6.0 点(すべての教科において5.5 以上)
費用:1年分(30週間):11,400(税込)ユーロ

マスターコース
 期間:30週間(一年間)
 対象:卒業した人、すでにデザイン関係の仕事をしている人
 目的:クリエイティブと技術を組み合わせたプロのレベル
 受講資格:デザイン、美術関係の3年間の修士保有者
 費用:30週間:8,900(税込)ユーロ


2年目,3年目の費用はインフレを考慮して少し値上がりします。