イタリアのお菓子

クリスマスのドルチェといえば。

イタリアのクリスマスのドルチェ(デザート)といえば、パネットーネ。もしくはパンドーロ。似たような巨大スポンジケーキなのですが、干しぶどうが入っているか、粉砂糖
を上からかけるかどうか、形などで呼び名が変わります。

パンドーロ

パネットーネ

アレンジしたパンドーロ

味はどれも似ているのですが、「僕はパネットーネ派」「私はパンドーロ派」とイタリア人好き嫌いがあるようです。また、他にもチョコレートが入ったもの、クリーム系が入っているものなどいろんなバリエーションがあります。

ショートケーキと違って、しっかりと封がされているので開けなければ日持ちして便利です。大きなスポンジケージですので、ちょっとアレンジしてみるのも楽しいですね。切ったばかりのしっとりしたうちが美味しいです。
結構大きいのでパーティーであまったケーキは「明日の朝ごはんにいいわ」というイタリア人。そうです。イタリア人の朝ごはんは、クッキーや、スポンジケーキ類、菓子パンなど、甘い派が主流。にが〜〜いエスプレッソコーヒーと合うからでしょうかね?最初は驚きましたが、長年住んでいると、それに慣れてくるから不思議。

さて、お菓子屋やスーパーなどで棚一杯にパネットーネと発泡酒スプマンテが並ぶこの季節。
Natale con i tuoi, capo d’anno con chi vuoi (クリスマスは家族と、新年はお好きな方と) という言葉がイタリアにはあるように、日本と正反対。クリスマスは家族と一緒に過ごし、年末&お正月は友人と盛り上がります。
イブのミサの翌日25日のお昼は親戚一同集まっていますので、お店も閉まってしまい、街は静まりかえります。

スーパーで山積みになっているパネットーネ

お菓子屋さんで売られている職人が作ったパネットーネはお値段も5倍くらい!

カラコン つけまつ毛