Archives for FWN

レオナルド ダ ヴィンチの新作?

先週の土曜日は、夕方にヒョウがふって一気に涼しくなったので、家から出るのが億劫になっていたのですが、
なんてったってヨーロピアンナイト!
気になっていたレオナルドダ・ヴィンチの修復されたばかりの作品が見たくて、ウフィッツィ美術館に行ってきました。
ウフィッツェ美術館の入り口あたりには列ができていましたが、15分くらいで入場できました。
夜の美術館は、修学旅行の学生もいなければ、団体観光客もいなくて、落ち着いた雰囲気。

入り口のどこにも「ヨーロピアンナイト」の表示はされていません。
そして、いざ、チケットを買うときに、やはり1ユーロ でした。
そして子供は無料!

さて、なが〜〜い立派な階段をあがり、フレスコ画、フィリッポリッピ、ボッティチェッリ、と進んでいくと、あれ?レオナルドダビンチの絵がない!!
と一瞬、「ヨーロピアンナイトだから見せないのかな?」とがっかりしましたが、階段を降りて、いくと、ダビンチの作品がたっぷり見られました!
そして、予期していなかった、カラバッジョの作品もかなりそろっていて、大満足。
娘もメデゥーサや、首から飛び出るカラバッジョの作品には驚き。

そして、目玉のAdorazione dei Magi (東方三博士の礼拝)は特別室ができていて、修復の過程のビデオなどが見られるようになっていました。
ジャーン!
記憶していたよりもずっと大きな絵に感じられました。


修復後の絵はどこか迫力がありました。
明暗がはっきりしたからでしょうか。奥行きのあり、いろんな秘密が隠されているような
絵です。

もっと見ていたかったのですが、時間は21時半。
お腹も空いてきたので、去ることに。

フィレンツェ夜の美術館1ユーロ!

毎年やっているこのイベント。

『ヨーロピアン ナイト』

夜の19時〜22時に美術館が開いていてしかも、入場料が1ユーロとか無料。
終わった後に気が付くとちょっと悔しい思いをしまよね。

今、ここで、これを読んでいるあなた!
大丈夫です。
明日の夜です!

夜に美術館!ってなんだかワクワクしますね。

ダビデ像のある、アカデミア美術館。(19時〜22時:最終入場21時)
ウフィッツィ美術館、(19時〜22時:最終入場21時)
有名銅像の本物がそろっているバルジェッロ美術館(17時〜20時)
ベッキオ宮(21時〜23時)
などなど、もっと詳しくはこちらをご覧になってください。
http://www.firenzeturismo.it/en/news-eventi-2/2935-the-european-night-of-museums.html

よい週末を!

お友達にも「リンク」して教えてあげてね!

Mostra dell’Artigianato(職人の国際見本市)


また今年もこの時期がやってきました!
フィレンツェのバッソ要塞は男性ファッションや、繊維、子供服など様々な国際見本市が行われていますが、これらは関係者しが入場することができません。

壁で覆われた中、気になりますよね?

そんなあなたに!
今週の土曜日(22日〜5月1日まで)から誰でも入れるのです!(入場チケット4ユーロ〜)
「職人の国際見本市」といって世界じゅうの職人たちが出店しているお店を見て回れます。

今年で第81回目!!
服からアクセサリー、家具、食品類まで。職人達による手作り作品のお店が並んでいます。
1日ゆっくり楽しめます。

中はかなり広く、お庭も広いです!
私もここで、絨毯や、クッション、スカーフ、などいろいろ購入いたしました!

留学中に仲良くなったお友達と一緒にお出かけしてみてはいかが?
また出店したい人!(もし出店のヘルプが必要な方いらっしゃいましたら、フィレンツェウェブ・ネットの通訳のサービスもご利用ください)

お買い物から、お食事まで、夜は(最終日以外は)22:30までやっています!
詳細はこちらのHPをご覧ください。

 

カラコン つけまつ毛