Archives for FWN

イタリアで大人気の音楽

イタリア語を習得するのに、何が良いかって、、
好きな歌の歌詞を覚えること!
です。
複雑な文法など考えず、そのまま一緒に歌って覚えてしまいましょう。
こちらにオススメの曲をご紹介いたしま〜す。


毎年2月にサンレモ音楽祭がありテレビで3日間にわたり音楽番組が続くのですが、今年は、67回目を迎えました。

新人歌手から、ベテラン歌手までが新曲を3日間歌い、審判と視聴者も投票できるシステムで勝者が決まります。

テレビ番組表では夜中の1時に番組が終わるとのことで、最後まで見ようと思っていたのですが、(日曜の夜です)当然のように、時間にルーズなイタリアのテレビ、1時になっても全然まだ終わる気配がありません、、、。

ということで、翌日に結果を聞いたのですが、今年は、Francesco Gabbani,

こちらのOccidentali’s Karma  が優勝しました。

なかなかのりのよい音楽です。アジアンブームな感じも伺えますね。



さて、タイトルの「子供達の間で大人気!」なのはこちらの曲ではなく、

こっちです。学校で暗記しなくてはならない詩は暗記できなくてもこの曲の歌詞はバッチリ覚え、振り付けもバッチリな小学生続出!ってくらいの人気です。
Tutto molto Interessante(超興味深い)

こちらの歌手、Rabio Rovazziは23歳と若い!
ビデオで、マネージャーに(以下翻訳)
「よくやった。もう一本ヒット曲作れ。」
「いや、僕、実際は、、」
「実際、、なんてないんだよ。君とは20年の契約があるから。君のこれからの20年は我々のものなんだよ」
「…..。」(目が点)
「わかっているよね。子供とお母さんに好かれるように悪い言葉は使わないで。
彼に君の指導をたのんだので。、わかったら、もう行っていいよ。」
「あの、あなたの言いたいことがよくわからないのですが、、」
「何言ってるんだよ。若者の好きな、、携帯とかの、、あれだよ。」
「Instagramですか?」
「そ〜〜。それ。素晴らしいアイデアだね。そ〜いうの使って。よろしく」

ということで、この曲が始まるのでうす。
(子供が好きなはずですね。やっちゃダメ、、とわれたことをやる。)
「どうだっていいんだよ〜」的なイタリア語のパロラッチャ(俗語)も出てくるので、いつもは学校の先生やお母さんに怒られる悪い言葉を使って子供達は大喜び!
あなたのインスタグラム チョー興味深いんだよ〜。みたいな歌です。




ついでにこちらも大人気。(最初のヒット曲)

Andiamo a Comandare

キッチン付き一人暮らしの新アパートご紹介。

新しいフィレンツェの一人暮らし用キッチン付きアパートのご紹介。

一泊45ユーロ。(2月の料金)3泊の滞在から可能。
サンタマリアノベッラ教会の近く。フィレンツェ中央駅からもすぐの便利なところにあるアパートです。美味しいレストランなども近くにたくさんあります。
リフォームしたばかりなので、家具、寝具、冷蔵庫すべて新品です。
3階。Wi-Fi使い放題。すぐに生活できる状態です。
予約受付中。
詳細は、こちらをご覧ください。
写真追加いたしました。

グラスもナイフ、フォークもすべて新品です。 美味しいワインを購入し、チーズや生ハムとお部屋でリーズナブルに飲むのもキッチン付きアパートならではの楽しみ方。

お部屋でゆっくりエスプレッソもいただけます。

二人でもゆったりと寝られます。

ファッション留学はフィレンツェ!

フィレンツェといえば、ルネッサンス。中世の町、というイメージが強いかもしれませんが、
ファッション系の学校も集まるモーダの町でもあるのです。
旧市街内はすべて徒歩でも移動できるくらいの小さな町ですが、
ポリモーダを始め、去年はマランゴーニフィレンツェ校も開校し世界的にも有名なファッション名門校があつまり、アメリカのデザイン、美術系のカレッジや、デザイン学校なども多くあり賑わっています。

郊外にはフェラガモ、プラダ、グッチ、などの大手企業の工房、工場が集まっていていて、インターンなどができるのもフィレンツェの魅力でしょう。

アートを作り出す、鑑賞するだけでなく、それをビジネスにするコースなどもあります。

フィレンツェウェブ・ネットでは、新しく、「マランゴーニ」校の無料代行手続きもスタートいたしました。
将来ファッション業界で仕事をしたい!もしくは、日本だけでなく世界で活躍したい!と思っている方。
無料で、入学試験、条件、などをサポートいたします。
お気軽にご連絡ください。

カラコン つけまつ毛